経費とは | 経費精算もミスなし実現!|効率の良い作業はシステム利用から

経費精算もミスなし実現!|効率の良い作業はシステム利用から

青い模様

経費とは

旅費交通費

経費として計上出来る項目には制限があります。
その内容をについてよく知ってから経費申請を行なう事が大切です。
まず、大きく特別経費とその他の経費に分ける事が出来ます。
特別経費とは、例えば賃金や退職金を含む給料賃金や減価償却費、外注公費などの費用の事です。
その他の経費は実に多岐に渡り、租税公課といったものから身近な旅費交通費などがあります。
経費精算でよく申請に上がる科目について簡単にまとめてみました。

接待費

旅費交通費とは、その名の表すように、出張などにつかった旅費や日々の通勤に利用されている交通費の事です。
これらは経費として申請する事が可能です。
営業社員や広報担当者、また経営陣は特に社外に出て仕事をする機会が多いです。
会社から前もって出張などに用いる費用を出される場合もありますが、多くが経費精算にて支払いを行います。

修繕費・消耗品費

接待費は取引先などの企業を接待する為に使った費用を申請出来ます。
例えば、手土産としてお菓子を持っていく場合や、年末のお歳暮、夏のお中元といったお付き合いの為に利用されている費用です。
また、その他には取引先を旅行や観劇などに招待する際にも接待費として経費精算を行なう事が可能です。
その際にも領収書やレシートが必要とされるので、注意が必要です。

消耗品費

修繕費は店舗や使っている機会などが破損した場合の修理費です。
消耗品費は帳簿や文房具などの仕事上必要とされる消耗品費について経費精算出来るものです。
使用可能期限が1年未満、取得価格が10万未満という決まりがあります。