飲食代の経費精算 | 経費精算もミスなし実現!|効率の良い作業はシステム利用から

経費精算もミスなし実現!|効率の良い作業はシステム利用から

青い模様

飲食代の経費精算

社員旅行代金

経費精算を行なっていると、どの経費として仕訳したら良いのか迷う場面も多いです。
科目を間違って申請すると、経費精算で認められず、結局は自腹を切るはめになる事もあります。
なかなか判断が難しい経費の科目もありますが、ちゃんと経費精算について理解する事でどれが当てはまる費用で、どれがダメなのかがわかります。

領収書が出ない電車代

社員旅行を行なっている企業は今では少なくなってきていますが、福利厚生の一環として今でも何年かに1回という頻度で行なう企業はあります。
旅行代金については、基本的に福利厚生費の一環として経費精算する事が出来ます。
しかし例えば、役員だけで行く場合は経費になりません。
このように、旅行という部分だけで捉えるのではなく、その実態をよく確認する事が経費精算の判断では必要となってきます。

飲食代

電車代などは切符を買っても領収書が出る訳ではありません。
だからといって、経費として上げられないというのではなく、出金伝票などを使って領収書代わりにする事で経費として計上する事が出来ます。
最近ではプリペイドカードやICカードの明細でも経費精算出来る所が多いです。

取引先との打ち合わせの時に利用したカフェや喫茶店などで打ち合わせて使った飲食代金は、一人5,000円以下であれば会議費として全額を経費にする事ができます。
また、5,000円を超えた際には交際費として経費精算する事もかのうです。
必ず領収書が必要なので、ちゃんと取っておく事が大切です。
また、領収書の裏などに参加した人の会社名と名前を記載しておくのも大切です。

このように、経費の仕訳は複雑なものもあります。
経費精算システムの中には、どの経費にするか迷った時に便利なヘルプ機能があるものも存在します。
間違った場合にエラー常時する機能など、システムを利用する事で非常に便利に経費精算を行なう事が出来ます。